あなたが知らないバラク・オバマ十一の真実。 - 今日の覚書、 ... | sfu9xi | sa.yona.la help | tags | register | sign in

あなたが知らないバラク・オバマ十一の真実。 - 今日の覚書、集めてみました

reply
後半ダレギミのバレバレのやる気なくしただろ(こっちはなくした:笑)。

Barack Obama and his dead pet mouse Hope
(オバマと死んだペット鼠ホープ)
By Craig Brown
Telegraph:11/11/2008

Eleven things you didn't know about Barack Obama:

あなたが知らないバラク・オバマ十一の真実。

1. His father's side of the family hails from the West Coast of Ireland. Sean O'Bama's Gentlemen's Outfitters of Renvyle remains the number one tailor's in Co Galway, specialising in tweed suits, plus-fours and woollen pullovers.

父方の家系は、アイルランド西海岸出身。
Co Calwayでは、Renvyleのショーン・オバマ紳士服店が今でもナンバー1。
お得意はツイード・スーツ、ゴルフズボン、プルオーバー。

2. He and his wife Michelle are both huge fans of Sir Cliff Richard. Sir Cliff has already been invited to sing his Eurovision hit Congratulations at Obama's inauguration ceremony in January. "Cliff's a guy with real soul," Barack told The New York Times, "I was amazed when I first met him to discover he was in fact Caucasian."

オバマさんとオクサンのミシェルさんは、両方ともクリフ・リチャード卿の大ファン。
クリフ卿はもう、ユーロビジョン・コンテストの大ヒット曲『コングラーチュレーションズ(おめでとう)』を、1月のオバマ大統領就任式典で歌って欲しい、と招待されている。
「クリフは本物の魂を持った男だ」とNYT紙にバラクは言った。
「初めて会った時、彼が本当に白人だとわかってビックリしたよ」。

3. He keeps a pet mouse called Hope in his pocket at all times for luck. Sadly, Hope died on election day when Obama replaced his fist in his pocket with unusual force after gesticulating with his left hand during his acceptance speech. But he has vowed to keep the corpse of Hope in his pocket "for as long as is feasible", as a mark of respect.

彼は幸運の運ぶペット鼠、ホープをいつもポケットに入れていた。
投票日、オバマが指名受託演説の最中、左手でジェスチャーをした後、珍しく思いっ切り拳をポケットに突っ込んで、ホープは死んでしまった。
しかし彼は敬意を表して、ホープの死体をポケットに「可能な限り」入れたままにしておくと誓った。

4. The character of the friendly neighbour, Ned Flanders, in The Simpsons is said to be based on Barack Obama. He used Ned's catchphrase "Okerly-Dokerly" as his slogan in the early part of his campaign, before changing it to the more direct "Yes We Can".

『シンプソンズ』のフレンドリーなお隣さんキャラ、ネッド・フランダースは、バラク・オバマをもとにしたと言われている。
彼はもっと率直な「Yes We Can」に変えるまで、ネッドの十八番である「Okerly-Dokerly」を、選挙運動の最初の方ではスローガンにしていた。

5. In an interview with Time magazine, to be published later this week, the Republican candidate John McCain reveals that, after entering the polling booth, he found himself secretly voting for Barack Obama. "It suddenly struck me that he was by far the best candidate on offer. Senator Obama has inspired the hopes of so many millions of Americans, whereas, to be brutally frank, I had only managed to inspire the hopes of maybe 10 or 11."

今週発売されるタイム誌とのインタビューの中で、共和党大統領候補のジョン・マケインは、投票ブースに入った後、こっそりバラク・オバマに投票してしまった、と明かしている。
「彼の方が大差をつけて最高の候補者だ、といきなりひらめいたんだ。オバマ上院議員はあれほど多くのアメリカ人の希望をインスパイアしたんだ。かと思えば、もうぶっちゃけ、僕がインスパイア出来たのなんて、もうせいぜい10人か11人ぐらいだよ」。

6. He was Captain of the Harvard Fraternity of Trampoliners, and to this day takes a trampoline with him wherever he goes. He plans to install a medium-size trampoline in the Oval Office in the space at present occupied by President Bush's replica of Apollo 9, constructed entirely from matchsticks. Reports are already coming in that many European leaders are receiving trampolining lessons from highly-paid professionals. After just five days training, UK Prime Minister Gordon Brown is already able to perform the tricky knees-and-up-and-knees-and-up routine.

彼はハーバード大学トランポリン愛好会のキャプテンだった。
そして今日まで、行く先々どこへでもトランポリンを持って行っていた。
今大統領執務室の、ブッシュ大統領のアポロ9号のレプリカ(100%マッチ棒製)が置かれているスペースに、中型のトランポリンを置く計画だ。
多くのヨーロッパの指導者が、高給取りの専門トレーナーにトランポリンのレッスンを受けている、との情報を記者達はキャッチしている。
5日間トレーニングしただけで、ゴードン・ブラウン首相はもう、何度の高い膝ピョンピョンのルーティンが出来るようになった。

7. Barack Obama is the first Old Harrovian leader of a major country since Sir Winston Churchill. He famously sneaked the words of his old school song into his victory speech at Grant Park, Chicago: "The road ahead will be long, but oh the great days, in the distance enchanted, days of fresh air, in the rain and the sun! How we rejoiced as we struggled and panted - hardly believable, 40 years on!" In celebration of Obama's election, the Headmaster of Harrow yesterday announced a half-day holiday for all pupils, except for those on detention, those revising for re-takes, and those who have been called before him on grounds of general sloppiness.

バラク・オバマはウィンストン・チャーチル卿以来、初めて大国のリーダーになった、ハロー卒業生だ。
彼がシカゴのグラント・パークでの勝利演説に、母校の校歌の歌詞をこっそり混ぜ込んだのは有名だ。
「道は長いだろうが、素晴らしい日々、遠きにありて魅了される、清々しい日々、雨の日も晴れの日も!頑張って息を切らせながら、どんなに嬉しかったことだろう。殆ど信じられない。あれから40年!」。
オバマの当選を祝福して、昨日はハロー校の校長先生が、追試のために復習中の生徒と、だらしないという理由で呼び出しを食らった生徒を除く、全ての生徒に半休を発表した。

8. He is a good cook. His speciality is toast, which he makes from fresh bread, recently sliced. He thinks it best to give the toast to his guests straight from the toaster, leaving each guest with the option of whether or not to butter it. "President-Elect Obama does not take his toaster with him wherever he goes - he simply doesn't have the space - but he regularly employs his toaster when he is at home," confirms a senior aide.

料理が上手だ。
得意はトースト。
スライスされたばかりの新鮮なパンで作る。
バターを塗るか塗らないかといったことは食べる人に任せて、トースターから直ぐに出すのがベストだと思っている。
「オバマ次期大統領はトースターは持ち歩かない。そんな余裕はない。が、いつも家ではトースターを使っている」と側近は認めている。

9. In Scrabble, his first name - BARACK - would score 14 points while his surname - OBAMA - would score only 9 points, leading to a total of 23, though neither word would be permitted at present, on the grounds that they are both proper nouns.

彼の名前スペル「BARACK」でスクラブルをやると、14ポイント獲得出来るが、苗字「OBAMA」では9ポイントしか獲得出来ないので、合計23ポイントだ。
尤も、今の所、どちらも正式な名詞ではないので、どちらの言葉も認められない。

10. However, in honour of the recent election of Barack Obama, the International Scrabble Commission has agreed to hold an emergency meeting in Lisbon on November 23 in which the rules of the game are likely to be revised to allow the use of both "Barack" and "Obama".

とはいえ、先日の選挙でのバラク・オバマ勝利を讃えて、国際スクラブル委員会は、11月23日にリスボンで緊急会議を開催することを合意した。
この中で、ゲームは「バラク」と「オバマ」の両方を使用可能とすべく改正されることになりそうだ。

"Exceptional times call for exceptional measures," says the ISC's current vice-president, Mr Xd Qzwrp.

「特別な時には特別な措置が求められる」とISCの元副会長Xd Qzwrp氏は言う。

11. According to pollsters, the all-important 18 to 29-year-old voting bloc, which was responsible for voting him in, is now expressing "slight to middling boredom" with President-Elect Obama. "He's OK for a week or so," explains a senior spokesman, 23, "But we're all going to be bored stiff with him by January, so I'm hoping they'll switch him for someone newer."

世論調査によれば、最も重要な18-29歳の有権者(彼を当選させた張本人)は今、オバマ次期大統領が「ちょっと退屈かも」と思っているそうだ。
「一週間かそこらはいいけどー」と23歳のシニア・スポークスマンは説明する。
「けどー、おれらー、1月までにはちょーたいくつしそーだしー。だからもっとあたらしーのに変わってくれてもといいかもー、とかおもってるんだけどー」。


あなたが知らないバラク・オバマ十一の真実。 - 今日の覚書、集めてみました

posted by sfu9xi | reply (0) | trackback (0)

Trackback URL:
api | terms of service | privacy policy | support Copyright (C) 2016 HeartRails Inc. All Rights Reserved.