押尾を庇った救命医と偽メール自殺議員 | sfu9xi | sa.yona.la help | tags | register | sign in

押尾を庇った救命医と偽メール自殺議員

reply

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◇◆

    押尾を庇った救命医と偽メール自殺議員

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆◇


 押尾の裁判に弁護側証人として「救命できる可能性は
 低い」と押尾擁護の証言をした救命医冨岡譲二氏。
 氏の勤務する福岡市・池友会福岡和白病院はなんと
 偽メール事件で自殺した民主党永田元議員の父蒲池眞澄氏が
 経営する病院だった。

 和白病院には胡散臭い噂がつきまとい、冨岡譲二氏は
 MDMAの処置の経験なし。東京より遠く離れた福岡の救命医が 
 わざわざこの事件で証人と立つ。野嶋慎一郎弁護士→証人
 というルートでなく野嶋慎一郎弁護士→病院→証人というルート。
 どこからか強力なプッシュがあったのは一目瞭然だ。

 そして・・出来レースと暴露された9月13日の裁判。

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


 検察官「(事件のあった六本木ヒルズの部屋の)ベッドの脇に、
    (携帯音楽プレーヤー)アイポッドが忘れてありましたよね。
     誰のものですか」

押尾被告「私の女性の友人です」

検察官「ベッドの脇に忘れるなんて、ずいぶん親密な関係なんですね」

弁護人「異議あり」
 《弁護人がやりとりをさえぎるように言った。弁護人は
  「その人については詳しく聞かないことになっている」などと
  山口裕之裁判長に訴えた》


  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 アイポッドの持ち主は・・部屋の持ち主・・野口。
 事件が起きてから部屋の持ち主に電話してない訳ないのだ。
 「詳しく聞かないことになっている」と弁護士自ら
 八百長を暴露。


 余談だが・・偽メールで自殺した民主党永田元議員の
 異母妹である蒲池美世。同棲していた50歳の日雇い
 土木作業員とSMプレイ中にやりすぎて殺してしまった  
 事件があった。


 関連人物が限りなくブラック・・押尾事件の証人はどれも
 信用できない。

@ふりめ

posted by sfu9xi | reply (0) | trackback (0)

Trackback URL:
api | terms of service | privacy policy | support Copyright (C) 2016 HeartRails Inc. All Rights Reserved.