小泉純一郎が精神病で松沢病院に入院していた過去の記録 三条久 ... | sfu9xi | sa.yona.la help | tags | register | sign in

小泉純一郎が精神病で松沢病院に入院していた過去の記録 三条久恒

reply
小泉首相が精神病で松沢病院に二ヶ月も入院していた記録について、興味深い情報が
あるので以下にそれを引用する。

<引用開始>
<小泉純一郎の入院歴>

○婦女暴行事件を1967年4月に起こした直後に、小泉純一郎は、 精神病院で有名な都立松沢病院に入院。

(状況からして強制措置入院であったと思われる。) 診断名は、精神分裂病であった。

2ヶ月間入院。つまり1967年4月から6月まで入院して退院。その後、7月7日

に羽田を出発。ロンドンに留学という名目で日本を離れている。

慶応大学には休学扱いで届出を出している。

○公開プロフィールには、慶応大学卒業後留学と書いているが、彼は帰国後に卒業し

ている。

<個人情報保護する必要性があった理由>

○ 以上は個人情報である。そのため、小泉内閣になってから小泉純一郎および飯島

勲は、 個人情報保護法案をまとめた。

<統合失調症に変更になった背景>

○ 小泉内閣になってから、精神分裂病という病名は、統合失調症というオブラート

につつんだような名称に変更になった。

上記の、一国の総理大臣小泉純一郎が、精神病院の都立松沢病院に精神分裂病で19

67年4月から6月まで入院歴があるという事実は、

真実そのものであるため、名誉毀損罪には該当しない。

なぜなら、刑法第230条の2「公共の利害に関する事実にかかり、かつその目的が

もっぱら公益を図ることにあったと認めるときは、事実の真否を判断し、真実であれ

ばこれを罰しない」とある。

つまり、虚偽、中傷および捏造したものではなく「真実」であるならば、それは名誉

毀損罪には該当しないと、刑法に書いてあるからである。

<投薬治療を受けた前、後の写真の変化>

精神医薬による投薬治療を小泉純一郎は、精神病院で受けたため、彼の写真(慶応大

学の在学中に撮ったサークル写真など)と、留学中に撮影した写真では、まるで違
う。 留学中に撮影した写真が、薬漬けの病人のような風貌であるのは、投薬治療のためで

ある。 <戦後初めての精神病院入院歴のある総理大臣> 彼は、35年後に総理大臣の地位に就任する。おそらく、戦後初めて、精神病院に 入院歴のある人物が、一国のトップに就任した例である。 断っておくが、これは真実であるため、マスコミは裏をとって「小泉氏精神病院の都

立松沢病院に2ヶ月間入院歴あり。病名は精神分裂病。戦後初の精神病院入院歴のあ

る総理大臣」と報道するべく十分に周辺取材および、裏とりを行ってください。 <マスコミ用の裏の取り方> この小泉が、松沢病院に入院歴があるということについては、小泉家の極秘事項にな

っている。 知っているのは、信子、正也他小泉家と、もう一人、小泉家でない人である。 この「小泉家でない」人物が過去につきあった女性をあたるとよい。 なぜかというと 普段は口が堅いが、酔っ払うと、つきあっている女性には、 「俺は小泉の弱みを 握っているから、小泉は俺を切れない」 「信子姉さんももうすぐ70になるから、早く死んでくれたらなあ。そうしたら、俺

が、小泉家の金庫番になってやる。」 「正也なんて絶対にあんなやつは東京には上げない。」 「俺が小泉家をのっとろうとしていることが、ばれるとまずいから、俺は小泉が引退

したら、俺も、郷里に帰るといって信子姉さんを信用させている

小泉純一郎が精神病で松沢病院に入院していた過去の記録 三条久恒

posted by sfu9xi | reply (0) | trackback (0)

Trackback URL:
api | terms of service | privacy policy | support Copyright (C) 2016 HeartRails Inc. All Rights Reserved.