古川利明の同時代ウォッチング : 三井環(元大阪高検公安部長 ... | sfu9xi | sa.yona.la help | tags | register | sign in

古川利明の同時代ウォッチング : 三井環(元大阪高検公安部長)氏の「口封じ逮捕事件」に対する上告棄却決定を 弾劾する!(承前)

reply
さらなる追加kakikomiの続き!!!!!

 #それでだな、この三井環のオッサンの「口封じタイホ」が、なぜ、「口封じ」かというと、02年4月22日の1発目のタイホ容疑が、「公正証書原本不実記載、同供用、詐欺」なんや。んで、内容はどういうことかというと、前にも触れた、裁判所の競売で落札した神戸市内のマンションを法務局に所有権登記をしたんだが、その際、法務局に払う「登録免許税」の軽減を受けるため、当時、住んでおった西宮市内の住所から、そのマンションのあった神戸市内に住民票を異動させ、そこで神戸市役所から、住民票1枚を交付させた行為なんや(笑)。凄いやろ。
要するに、腐れケンサツにしてみると、「居住もしとらんマンションの住所地に住民票を移し、その住民票を交付させた」という行為を「サギ」だと抜かしておるんや。だって、こんなもん、ローンを組んでマンションを買うた人は、みんなやっとることだろ。「投資目的」などではなく、実際には住んでいなくても、「近い将来、間違いなくそこに引っ越して、住む」という前提で、住民票を移すなんてのは、ザラにあるし、そこで「偽の住所地に移した住民票1枚」を交付させたことを、ぬあんと、「サギ罪」だと言ってるんやで。信じられるか? 何度も言うが、役所が発行した「1枚の紙切れ」を交付させたことが、「サギ」なんやで。ちゃんと、発行手数料も払っておるのにや。だから、「デッチ上げ」「口封じ」だと言っておるんや。こんなもん、同じように身柄取っていったら、拘置所はすぐ、パンクするで(笑)
 で、じつは、こうした役所の発行した証明書類の交付を受けたことが、「詐欺罪」に問えるか、というのは、既に判例があって(1963年9月16日、高松地裁丸亀支部)、それは、虚偽の申告をして運転免許証を取得したケースだったんだが、「そうした不正取得によって侵害されるのは、『交通取締上の便益』、すなわち、『国家行政上の利益』である」と、つまり、「そうした公的書類は、『財物』ぢゃないんで、サギ罪は成立しない」という、そうした「判例」が、既に確定しまくっておるんだ。サイテー裁は、今回、このように、勝手に「判例変更」しやがったくせに、その「理由」をまったく開示しとらんのや。こんな馬鹿な話があるか? だって、「上告キキャク」のケッテイ文ってのは、たったの「3行」だって言うんやで。そんなもん、そのへんの小学生のガキだって、書けるぢゃないか! 連中、ホンマに「ガキ以下」やな。ガキの使いにもならんで。

#ほいで、昨晩(=9月8日)、大阪のミナミで、関西のフリーのブンヤの尾塚野形サン(ジケンやヤクザに強い)の主催する三井環のオッサンの「壮行怪」なるものがあって、ちょっくら顔を覗かせてきた。たまたま、大阪で仕事があったということで、元一水会代表の鈴木邦男も来ておって、オッサンとの2ショット写真を、ワシが撮ってやったで(笑)。あと、「菱の本家の5代目、引退へ」をスッパ抜いたという、夕刊フジ(大阪)のブンヤもおって、いろいろ雑談に花を咲かせてきた。この夕刊フジのブンヤってのは、90年入社やから、ワシより年次が2年下なんだな。大平誠のこともよく知っておって、「大毎では、大平サンに近い、ジケンの強い記者が、取材現場を外されたんで、今、毎日は全然、怖くないですワ」って言っておった。見るからに、何か、相撲取りみたいな体型で(笑)、「いったい、誰なんだろう」と思ったが、よく、組事務所にも顔を出しておるってことで、「大手紙の4課担だと、在任中、1度も組事務所に顔を出したことがないのが、いくらでもいる」とも言っておった。ま、勤め人というのは、勤め人の範囲でしか、動かんからな。そのワクをはみ出そうとすると、大平や、さらには、ワシみたいになる(笑)

 #で、その「上」の「壮行怪」だが、尾塚野氏の人脈で、ウラ社会というか、ヤクザ筋のオモロイおっさんらも、ようけい来ておって、例によって、「亀谷直人&渡真利忠光」なんかも、よう知っておる人もおって、話に花が咲いたで(笑)。以下、そこでの雑談(情報源は複数)を、箇条書きにここで記す。
 
 ・亀谷は、土佐の中村の出身。公家と一緒に都落ちしてきた人物の末裔だそうで、亀谷の兄貴が、菅谷政雄のボディーガードを30年もやってきた。その意味では、この世界の中では、信頼がある。「桑田兼吉保釈工作」で、亀谷を山健側を信用したのは、そうした「信頼」があったからだ。

 ・(調べを担当した検事の)大仲らが、岐阜(刑務所で服役している、渡真利のところ)に面会に行ったが、断られたらしい。

 ・(三井環のオッサンの住民票異動ジケンで)一緒に身柄を取られた、不動産業者の田中(徹)というのは、元警察官。最近、芦屋の方に4000万のマンションを買うたらしい。そんなカネ、いったいどこから出たんだろうか。

 ・最近、亀谷からの手紙を見たところ、「2億円の件は、心配せんで、いい」とあった。だから、東京に2億円が運ばれたということは、間違いない。

 ・山健組は、(4代目の井上邦雄になって)3回、人事をいじった。最近の人事で、本家に合わせるような形で、(組織図的には、「若頭補佐」の下につく)「幹部」を7人に増やした。名前も教えてやろうか?(#ほいで、ワシのリアクションは、「大衆、アサ芸、実話の極道担当ぢゃないんで、そこまでは、ええですワ(笑)」)

・あまりというか、ほとんど、知られていないようだが、司忍と井上邦雄は、大分の同じ水産高校の出身。ただ、学年が3つ違うんで、重なってはいない。今、弘道会が、名古屋から西に向かって攻めている。(京都の)会津小鉄も、実質、弘道会の傘下になった。「司不在」ということで、事実上は「高山体制」になっているが、6代目が、府中から出てきたとき、果たしてどうなるか。「本家の組長とカシラ」を、同じ弘道会が取っているということで、「(組織の)中」が収まるか、どうだろうか。

 ・岸本才三の引退は、確かに、年を食っていたということもあるが、弘道会とはしっくり行っていなかった。

 ・九州の件(=道仁会と九州誠道会との抗争)は、要は、山健内部の内輪揉め。実質的には、山健の傘下にあったようなものだ。いわゆる「正式な盃」ではないが、兄弟の盃は上げている。だって、一時期、山健組は、全国で、7000人とも8000人とも言われておったやろ。(Q:いや、「1万人」という数字もあったが)で、あの佐賀の件は、どうも、福岡県警の4課がリークしたということで、組関係者が入院しておったが、すぐに退院してしまった。福岡も地元のヤクザとはズブズブだ。

 ・司興業(※司忍が弘田組時代に立ち上げた組)の3代目を継いでいる森(健司)が、司に可愛がられている。いずれ弘道会のカシラになるのではないか。

#それで、昨日(9月10日)、隼町が、何か、浜松の土地区画セーリ事業を巡る住民訴訟で、「大」の方で、これまでの「判例変更」をヤルってことで、今後は「ケーカク段階でのテイソも認めましょう」ってことで、1、2審ハンケツを破棄して、下級審に差し戻すということを、「ハンケツ」で出したそうだが、そんなこと言うんだったら、三井環のオッサンの口封じタイホによる「住民票交付の件」はどうなるんや。「上」でも書いたように、役所の発行する公的証明書ってのは、「財物ぢゃない」というハンケツが確定しとるにも関わらず、コイツを勝手にシカトして、何の審理もせずに、「上告キキャク」のケッテイやで。こんなバカな話があるかよ。「よい子の市民」が起こした住民訴訟はチョーOKでも、三井のオッサンのような「政治ハン」には、そういう慈悲的なハイリョは不要という腹だな。
 だいたい、最高裁ってのは、刑事訴訟法にも明記してあるが、「1、2審」の「事実審」と違うて、「法律審」、すなわち、「憲法ハンダン」と「判例変更」が、その主たるギョームなんだ。もちろん、「事実審」としての役割も担っておるが、しかし、基本的には「法律審」なんだ。
 ところがだな、三井環のオッサンのサイバンにおいては、1審では、ハンケツ文が高裁の検閲を事前に受け、さらには判決日前に日刊ゲンダイにリークされたのみならず、判決の「全文」が出てくるのに4ヵ月以上もかかって、その間、年度末の、判決ラッシュの、いちばんクソ忙しい時期に、暢気にも「海外視察」に出かけておるんや。ほいで、2審ぢゃあ、被告・弁護側の証人申請をすべて却下し、実質審理ゼロで「控訴キキャク」やで。
 ニッポン国憲法の第37条には「すべての刑事ジケンにおいては、被告人は、公平なサイバン所の迅速な公開サイバンを受ける権利を有する。刑事被告人は、すべての証人に対して審問する機会を充分与えられ、又、公費で自己のために強制的手続により、証人を求める権利を有する」ってあるんだ。隼町はだな、自分で率先して、「憲法イハン」をヤラかしておるんだ。
 で、そもそも、今回の「口封じタイホ」というのは、そもそも、憲法第21条にある「集会・結社・表現の自由」に違反しとるし、さらに、第34条の「何人も、正当な理由がなければ、拘禁されず、要求があれば、その理由は、直ちに本人及びその弁護人の出席する公開の法定で示されなければならない」に違反しとるんだ。だから、今回の腐れケンサツの「口封じタイホ」というのは、「憲法イハン」「憲法カイシャクの誤り」のオンパレードなのに、隼町も一緒になって、「口封じ」の共犯をヤッとるんだよなあ。だから、「サイテー裁」なんや。ホンマ、肥溜め状態に腐りきっておるから、ヤメ検の甲斐中辰夫、古田佑紀がおるとか、おらんとかなんていうのは、ほとんどカンケイないんだなあ。

古川利明の同時代ウォッチング : 三井環(元大阪高検公安部長)氏の「口封じ逮捕事件」に対する上告棄却決定を弾劾する!(承前)

posted by sfu9xi | reply (0) | trackback (0)

Trackback URL:
api | terms of service | privacy policy | support Copyright (C) 2016 HeartRails Inc. All Rights Reserved.