宝塚女子中学生放火事件のウラ | sfu9xi | sa.yona.la help | tags | register | sign in

宝塚女子中学生放火事件のウラ

reply
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◇◆
 
     宝塚女子中学生放火事件のウラ
 
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆◇


 兵庫県宝塚市大吹町7-8 ス○モトさん宅。
 http://hiyo.jp/vg
 ここで起った日本人、ブラジル人少女2人による放火殺人事件。

 被害少女のものと言われているプロフ
 (※ 未確認 ※)
 ttp://pr.cgiboy.com/15722408


 彼女らが通った高司中学は日教組と解放同盟関係者の衝突が
 激しく校長が自殺した過去がある「いわくつき」の学校だ。
 自殺した校長は著作もあり、金八先生に取り上げられるほど
 熱心で有名だったという。この高司中学は、以前から
 暴力行為が多発、宝塚市の3本の指に入るほど荒れている。

2003年11月26日

 2003年11月26日午前7時ごろ兵庫県西宮市の山の斜面で、
 男性が首をつって死亡しているのを通行中の男性が発見した。
男性は同県宝塚市立高司中学校長、中村諭さん(55)で、
遺書などは見つかっていないが、自殺とみて動機などを調べている。
中村さんは「新米校長奮戦記」などの著書もあり、
熱心な指導で知られていた。


 そんなカオス状態の学校に
 近年韓国、ブラジル、沖縄出身の親子が増え
 校内は無法地帯に。タバコを吸いながら歩く中学生の後ろを
 教師らが灰皿を持ってついてまわる・・などという
 地元の噂もある。

 宝塚には表と裏がある。新興住宅街として表の顔と
 同和地区。永年市は徹底した同和対策を取っている。
 社民党の市長をはじめ議会が異質。逆差別を受けている
 日本人が大人しくしている地域。
 のさばるのは手厚い保護を受ける同和地区。
 他の同和地区より際立って「エセ同和」も集まるのは
 異質な議会があるからだ。


 「ブラジルへ帰れ!」といじめられてたという
 加害者。家庭内では実子ではない疎外感、学校では
 移民としての疎外感。母は死亡、義父と妹は
 重度の火傷で一生ケロイド状態。
 無限地獄を味わいたかったのだろうか。

@ふりめ

posted by sfu9xi | reply (0) | trackback (0)

Trackback URL:
api | terms of service | privacy policy | support Copyright (C) 2016 HeartRails Inc. All Rights Reserved.