エコテロリスト映画ザ・コーヴと反捕鯨運動の裏事情 | sfu9xi | sa.yona.la help | tags | register | sign in

エコテロリスト映画ザ・コーヴと反捕鯨運動の裏事情

reply
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◇◆
 
 エコテロリスト映画ザ・コーヴと反捕鯨運動の裏事情

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆◇


 反日映画ザ・コーヴがいよいよ日本上陸する。
 その裏側には映画でターゲットにされた和歌山・太地町の
 姉妹都市、オーストラリア・ブルームで日本人や
 日本人墓地への嫌がらせが200件以上報告されている。
 墓石が折られたり、突き倒される被害が
 相次いでいるという。

 祭り上げられたザ・コーヴの、ルイ・シホヨス監督だが
 その人生は犯罪と隣り合わせと言っていい。
 

1986年 ステレオの音がうるさいと注意した隣家の主婦を殴り、罰金刑。
 1989年 飛行機のトイレが使用中だった事に腹を立て、機内で放尿。
 1992年 タイのバンコクで、少女強姦容疑で警察の聴取を受ける。
     本人は「性行為はしたが合意の上だった」と主張。
 1995年 酔ってテレビに出演、「FUCK」を連発し顰蹙を買う。

 そして現在、立ち入り禁止区域で撮影を行ったので
 日本の警察から逮捕状が出ている状態である。

 欧米で過剰な動物愛護に走る奴=ルーザーというのが
 米豪で囁かれている現実。
 ルイ監督はギリシア移民の子であり、アジア人に対する偏見が
 強いのが1992年の事件でもよくわかる。
環境問題に名を借りた明白な人種差別、まさにエコテロリスト。
 IMDBを見ても過去の経歴がなく、OPS(海洋資源保護協会)代表
 であるという事実は殆ど報道されず、ナショナル
 ジオグラフィック誌の元カメラマンという経歴だけが
 述べられている。

 その裏には・・政治的ビジネス的思惑があっての反捕鯨活動がある。
 作品がどんな出来になろうとアカデミー賞受賞までが
 最初から決まってたのだ。なぜなら・・
 ザ・コーヴと反捕鯨活動、牛肉を売りたい米豪のプロバカンダであり
 米豪の食肉ビジネスが絡んでいる。

 つい50年前まで、南氷洋では規定量までの捕獲を競う
 捕鯨オリンピック、なるものがあった。また日本では400年前から
 捕鯨をしていたのだ。最近言い出した鯨保護は文化ではない。
 シーシェパード代表のポール・ワトソンがグリーンピースを
 脱退したのは「カネ」。環境保護団体には多額の寄付金が集まり
 幹部は豪遊。水銀が含まれるより危険なBSE牛肉を
 売りたい、米豪には都合がいい、だからオーストラリア政府は
 寄港地を援助する。それだけである。全てはカネと食肉ビジネス
 なのだ。

@ふりめ

posted by sfu9xi | reply (0) | trackback (0)

Trackback URL:
api | terms of service | privacy policy | support Copyright (C) 2016 HeartRails Inc. All Rights Reserved.