再審濃厚、名張ぶどう酒毒殺事件の真犯人 | sfu9xi | sa.yona.la help | tags | register | sign in

再審濃厚、名張ぶどう酒毒殺事件の真犯人

reply
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◇◆
 
   再審濃厚、名張ぶどう酒毒殺事件の真犯人

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆◇

 
 最高裁が審理を審理を高裁に差し戻した・・
 再審が濃厚となった名張毒ぶどう酒事件。
 人口100人、 わずか15世帯。そのうち10組が
 不倫関係だったおいう夜ばいの村で起った大量殺人。
 途中で村人が供述を同時一斉にひっくり返す(※後述)
 という過疎の村ならでは、前代未聞の異常事態が
 起ったこの事件。
 奥西死刑囚の声は届くのか。

 この大量殺人、村内では決して触れる事が無いが
 犯人が特定されているという。

 事件前日、奥西死刑囚の隣家でトラブルがあった。
 事件で死亡した隣家で村の有力者でもある○○の妻が、
 夫○○に殴られ逃げてきたという。
 ○○も夜ばいの村の例外ではなく
 村内に愛人がいた。このトラブルだったという。

 「凶器」となったぶどう酒の購入を決め、購入したのは
 この○○。農協に勤務していた。
 ぶどう酒を懇親会に出すことになり、○○は
 農協職員の石原氏に運搬を依頼する。
 石原氏は酒店で清酒とぶどう酒を購入し
 ○○宅に運ぶ、受け取ったのは事件で死亡した○○の妻。
 受け取ったのは16時ごろだという。
 この前後に石原氏は何人かの村人とすれ違っており
 それらの証言からもこの時刻ははっきりしていた。
 その後、17時すぎに奥西死刑囚が殺戮現場である公民館に運び
 事件が起こった。

 これが事件直後の村内での供述だ。
 しかし・・事件から2週間以上経ってから

 
 「村人が供述を同時一斉にひっくり返す」

 
 という異常事態が起る。
 村人たちが石原氏がぶどう酒が○○宅に届けたであろう
 すれ違った時刻は17時ごろと証言しはじめ、○○宅での
 空白の1時間がなくなってしまう。そして犯行機会があるのは
 奥西死刑囚だけとなってしまう。
 
 
 その後、○○の妻は事件で死亡したため、すぐに再婚しているが
 なんと○○は奥西死刑囚の愛人でもあり
 事件で死亡した北浦ヤス子とも愛人関係にあったという。
 そして北浦ヤス子は奥西死刑囚と別れるから○○も
 妻と別れるよう迫っていたと言う。
 事件前日の痴話げんかはこの別れ話がエスカレートした
 ものだったという。
 奥西死刑囚が犯人でないのなら、毒物を入れたのは
 空白の1時間、○○か○○の妻ではないか・・・
 村内ではタブーであり、住人全員が奥西死刑囚の死刑を
 願っているだ。実際に、奥西死刑囚が否認に転じると
 奥西死刑囚の墓は住人の手により共同墓地から追い払われ、
 奥西死刑囚の母を集団リンチという犯罪行為が
 堂々と行われていたのである。
 

 http://hiyo.jp/k2
 ぶどう酒を飲んだ懇親会を開いた生活改善グループ「三奈の会」の
 会長で、妻フミ子さんを亡くした○○さん(81)は、
 自宅のテレビで午前十時すぎ、速報で取り消し決定を知った。
 ○○さんは「日本の裁判所は正しい判断を下した。事件後、
 住民が徹底的に調べられ、勝しかいないと確定したから、
 今回の取り消しは確信していた」と納得の表情。
 さらに「勝は生きたいために無実を訴えているだけ。
 何度やっても同じこと」と口調を強めた。


 事件から50年、再審の行方は。
 そして真犯人は○○なのか、○○の妻なのか。


@ふりめ

posted by sfu9xi | reply (0) | trackback (0)

Trackback URL:
api | terms of service | privacy policy | support Copyright (C) 2016 HeartRails Inc. All Rights Reserved.