真央妨害報道 黒幕はヨナ母?「なぜ流した」放送した韓国テレビ ... | sfu9xi | sa.yona.la help | tags | register | sign in

真央妨害報道 黒幕はヨナ母?「なぜ流した」放送した韓国テレビ局に逆ギレ passenger

reply
真央妨害報道 黒幕はヨナ母?「なぜ流した」放送した韓国テレビ局に逆ギレ


3月30日付け東京スポーツ紙面
   ↓


▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

真央妨害報道 黒幕はヨナ母?「なぜ流した」放送した韓国テレビ局に逆ギレ
(東京スポーツ 2009/03/30)


【米国・カリフォルニア州ロサンゼルス28日(日本時間29日)発=上野雄大】世界選手権(ステープルズセンター)は28日、女子フリーの演技が行われキム・ヨナ(金妍兒、18=韓国)が圧倒的強さで優勝。連覇を目指した浅田真央(18=中京大中京高)は4位に終わった。そんな中、本紙は驚がく情報を入手した。大会直前に世界のフィギュアスケート界を騒然とさせた「妨害報道」の"黒幕"は何とキム・ヨナの母だというのだ。


●ヨナ世界最高得点∨

 注目の女子フリーは、ショートプログラム(SP)3位の真央がトリプルアクセルで転倒。122・03点、合計188.09点の4位に終わった。表彰台を逃したのは2003年12月の全日本選手権以来、実に27試合ぶりだ。やはり大会前の「妨害騒動」の影響があったのか…。「来シーズンは毎回毎回の試合でパーフェクトな演技ができるようにしたい。トリプルアクセルはすごく跳びたかった」と唇をかむしかなかっか。

一方、SP首位のキム・ヨナは、国際スケート連盟主催の大会では女子初となる200点越えを達成し世界界最高得点で初優勝を飾った。

 ところが最後の最後で本紙は「妨害騒動」に関する驚くべき情報を入手した。韓国のテレビ局SBSが4大陸選手権(2月、カナダ・バンクーバー)の練習でキム・ヨナが日本選手に妨害されていたと報じ、フィギュア界を揺るがす事態になった騒動について真央に近い関係者はこう明かす。

「SBSの報道はヨナの母親が『日本人に妨害された』と話したのが根拠になっているみたいなんです。大きな反響があったから、(お母さんは)SBSに『なんで(発言を)流したの!』と怒りまくっているらしい」。

日本スケート連盟の質問状に対し、韓国連盟は当たり障りのない回答のみで真相については説明しなかったが、問題となった「日本人に−」というのはキム・ヨナ本人ではなく、母バク・ミヒさんの発言だったというのだ。

 事の真偽を探るべく本紙は韓国SBSのリポーターでキム・ヨナのインタビューを担当したリー・スンフー氏を直撃。するとスー氏は真相について「これ以上騒がせたくない」としながら静かに口を開いた。

「キムのインタビューは拠点のトロント(カナダ)でお母さんを交えて行いました。『日本人に—』というのはSBS側が付け加えたものです」


●反日感情をあおる?

 リー氏によればインタビューでキム・ヨナは「4大陸選手権の練習でジャンプをするとき、ほかの選手が気になった。危ないのでみんな気をつけなければいけない」と話したという。それを受け、SBSは4大陸選手権の映像を確認。すると、キム・ヨナに近づいた選手の中には日本選手が多かったため、映像とともにナレーションを付け加えたのだという。

 今回の報道に関して、リー氏は韓国ファンの反日感情をあおり、対決ムードを盛り上げようとしただけだと説明したが、キム母の発言については「それはノーコメントとしたい」。否定も肯定もせずに口をつぐんだことからも、真央サイドが入手している情報で間違いないのだろう。

 今回の騒動について日韓両連盟間では既に和解が成立しているが、韓国メディアの間では「日本のメディアは日本運盟に『韓国メディアとは一切口を利くな』という命令がされている」という根も葉もない噂も流れていたほど。約1年後に迫ったバンクーパー五輪に向けて、日韓対決は今後も続きそうだ。

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

真央妨害報道 黒幕はヨナ母?「なぜ流した」放送した韓国テレビ局に逆ギレ passenger

posted by sfu9xi | reply (0) | trackback (0)

Trackback URL:
api | terms of service | privacy policy | support Copyright (C) 2016 HeartRails Inc. All Rights Reserved.