ネットゲリラ: デブが葉っぱ吸って | sfu9xi | sa.yona.la help | tags | register | sign in

ネットゲリラ: デブが葉っぱ吸って

reply
ロシア力士のマリファナ疑惑なんだが、彼らは「オセット人」なのだ。今、話題になっているグルジア紛争で北オセチアという地域が出て来るんだが、それだな。ロシア寄りの民族で、力士たちもロシアルートで来日している。なのでロシア人力士と呼ばれるんだが、サイバッチ情報によれば




 カメのようにノロマなマスコミはまったく気がついていない!!
 角界を揺るがした「ロシア人力士大麻汚染」、その背後には「人身売買」ネットワークが存在し、日露ばかりか北朝鮮までにもつらなる巨大な闇が広がっていることを……。
 事件のキーマンは歌舞伎町の大物フィクサー。将軍様から「贈られた」北朝鮮特殊部隊のボディーガードを引きつれ夜の街を練り歩いている人物です。
そして、このフィクサーの手足となり、ロシア連邦の北オセチア共和国から露鵬と白露山を連れてきたのが、協栄ジムの金平桂一郎会長のだったとを、【プチバッチ!】は掴み、その周辺を着実にかためています。

ロシア、北朝鮮、協栄ジムというルートで、あの金平会長が連れて来たというんだが、まぁ、そういう事もあるかも知れない。で、世の中には
ロシア嫌いという勢力もあったりするわけだ。例えばアメリカのユダヤ資本なんだが、コレがロシアを叩きたくて仕組んだ、と言ってる人もいます。

この”死の商人”チェース・マンハッタン&JPモルガンは、日露の友好関係は好きではない。ならば、何とかして日本をロシアと敵対関係に持っていきたい。そして、ロスチャイルドのEUと同調路線を日本が取るように”誘導”して行きたい。

この目的には、日本の国技である大相撲にいるロシア人をターゲットにするのが一番である。これで、日露関係にヒビが入れられるし、日本の国技のイメージ悪化ももたらす事が出来、一挙ニ得三得の作戦である。

というのも、ドーピング検査をやったのが
三菱化学メディエンスという会社なんだが、名前だけ見ると日本の会社みたいだが、資本的にはそうじゃないよ、と。

「三菱化学メディエンス」は、大赤字だという。ならば、その親会社の「三菱化学」の言うなりだろう。また、同様に「三菱化学」は、その親会社である「三菱ケミカルホールディングス」のいうなりだろう。さらに、同様に「三菱ケミカルホールディングス」はその支配株主である英米の大銀行グループの”死の商人”チェース・マンハッタン&JPモルガンのいいなりだろう。

そういや検査方法で「コップが選べない」とか、厳密さに欠ける手法だったとかいう話もあったりするわけだ。まさか、最初からロシア人力士を狙い打ちにしたとも思えないんだが、何らかの作為的な操作がなかったとも言いきれないわけです。まぁ、デブが葉っぱ吸ったからって特に強くなるわけでもないだろうから、どうでもいいんだけどね。

ネットゲリラ: デブが葉っぱ吸って

posted by sfu9xi | reply (0) | trackback (0)

Trackback URL:
api | terms of service | privacy policy | support Copyright (C) 2016 HeartRails Inc. All Rights Reserved.