この国の2年後の前途 | sfu9xi | sa.yona.la help | tags | register | sign in

この国の2年後の前途

reply
======================================
【1】この国の2年後の前途
======================================
 酔っぱらい大臣の後を受けた与謝野財務・金融相も「この状況が続くと、日本経
済は底割れする」と嘆いてみせたが、「この状況」を続けているのは、どこの誰だ。
与謝野大臣のボスである麻生首相ではないか。「世界の打撃に比べて日本の傷は浅
い」とデタラメを言った直後、自分が出した予算では足りず、さらに20兆から3
0兆円の補正追加が必要だと言い始めた。こんなおバカ首相が居座り続けて、日本
の景気はどうなるのか。オバマ大統領は自ら提出した緊急経済対策に共和党の反発
を受けて渋々ながら譲歩したが、この国の首相は野党が反対するバラマキ給付金に
固執して補正予算成立を遅らせている。こんな状態では2年後は絶望的だ。

======================================
【2】G7の中川ワイン会“ゴックン美人記者”の素性
======================================
 中川前財務相と一緒にワインを“ゴックン”していたとされるのは、読売新聞の
E記者、日本テレビのH記者、ブルームバーグのS記者の3人。いずれも中川好み
の美人記者だ。このうちのひとりは、会社のHPに登場する“有名人”なのだが…。

======================================
【3】小泉元首相 日本中から“袋叩き”
======================================
「笑っちゃうぐらい呆れている」と麻生首相をコキ下ろし、出先のロシアで給付金
採決への欠席を表明した小泉元首相(67)に「何サマだ!」のブーイングの嵐だ。
自民党内、とりわけ地方から反感、批判がわき起こっている。当然だ。小泉改革の
せいで地方は疲弊し、商店街はシャッター通りと化した。「脱小泉」にかじ切りし
なければやっていけない地方にしてみれば「エラソーに、おまえが何だ!」が本音
で、袋叩きされかねない雲行きなのだ。

======================================
【4】「自社製品」購入運動 社員が買ったものは何か
======================================
 社員一丸となって苦境を乗り越えようとメーカーで始まった「自社製品購入運
動」。先陣を切ったトヨタではどんどん新車に買い替えている……なんてことはも
ちろんない。社員はすでに自社製のマイカーに乗っている。そこを買ってくれと言
われても、せいぜいが妻子向けのセカンドカー、それも小型車だ。パナソニックや
NEC、富士通の社員もほぼ似たような状況で、要するに、自社製品買いの目的は、
危機感を持たせるためか。

@ふりめ

posted by sfu9xi | reply (0) | trackback (0)

Trackback URL:
api | terms of service | privacy policy | support Copyright (C) 2016 HeartRails Inc. All Rights Reserved.