さるさる日記 - とくとく 日記 | sfu9xi | sa.yona.la help | tags | register | sign in

さるさる日記 - とくとく 日記

reply
■2008/11/26 (水) 元厚生事務次官刺殺について疑問

容疑者小泉毅について
・付き合いが極めて少なく、近所との付き合いがないばかりか、警戒人物
・無職
・前職を離れて10年

しかしながら、マスコミは以下のような報道を行なった。

・小泉とボランティアでペットの保護活動をしていた人物がタイミングよくTVに登場
その人物は、小泉が語っていた、ペットを保健所に殺されたことについて話す。

・広島で働いていた時の同僚がタイミングよく登場し、小泉とペットについて語る
前項と同様に、小泉が語っていたペットを殺された件について語る。

付き合いが無い、と報道されているにもかかわらず、なぜか、小泉とペットの件について語る者がタイミングよく現れる。

普通、このような凶悪犯とかかわりがあったこは隠したいのではなかろうか。
であるにもかかわらず、付き合いが極めて少ないと報道しておきながら、小泉とペットの件について語る人物が、わざわざ、タイミングよくマスコミに登場する。
ペットを保健所によって子供のころに殺されたことを、どうしても動機と思わせたい陰謀に思える。

真相を隠すための演出が組織的に行なわれているように思える。

封じ込めたい情報を、殺された元厚生事務次官は握っていたのではなかろうか。
東村山朝木市議殺人事件が思い浮かぶ。
■2008/11/26 (水) 麻生に緊急事態日本を任せてはいけない:退陣せよ! 1

この緊急時に経済対策先送り。
麻生は「国民をなめとるんとちゃうか!」と言いたくなるような人間である。
この人間は、日本を崩壊へと導く可能性すらある。
就任時には期待をしていたが、とんでもない如何様であった。
首相の座にしがみつくために、国民を愚弄し犠牲にしている。
日本国民の怒りが沸点を超え、「退陣運動」という、平穏で温和な日本国民が忘れかけているデモが起きても不思議ではない状況に思える。

あえて言わせてもらうが、麻生は役立たずの「アホ」どころか、未曾有の大不況を引き起こす疫病神である可能性がある。
麻生は今の日本の非常事態を認識していない、というより、認識することが出来ない低能ではなかろうか。
想像するに、本人、麻生も何をして良いのか分らなくなっているのではなかろうか。
■2008/11/26 (水) 麻生に緊急事態日本を任せてはいけない:退陣せよ! 2

・自分の財布のごとく10兆円をIMFへ拠出
なぜマスコミは叩かないのか。国民一人当たり8万円。
これだけのお金があったらどれだけの人が助けられ、日本の将来のための人材に投資が出来ると思っているのか・・・。
国民へは、近い将来、毎年数十万円を国民から吸い上げることを条件に、人を馬鹿にしたような小銭をばら撒く。まったく、ふざけている。

・国民給付金
この経済非常事態に、期待する効果を検証したとはとても思えない。
期待効果の分析、認識ができない者を、首相にしてはいけない。
層化の要求にしたがっているだけで、層化以外の国民は騙されていないことを、麻生は認識すべき。

・高速道路休日半額
問題は、料金徴収業務にどれだけの費用が掛かっているかだ。
以前にもこの事は言ったが、よーく考えてほしい。
料金徴収のために、どれだけの人手、設備が掛かるのか。
無料化しても十分に見合うだけの費用が削減できるはずであり、更には、無料化によって移動の自由が国民に与えられるので経済効果たるや、計り知れない。
それよりなにより、世界第二位の経済大国である日本が、国民の移動の自由を制限されていることに、なぜ、マスコミやエコノミストと言われる連中は疑問を持ち、問題として取り上げないのだ。
高速道路というより、移動するための単なる道路を、贅沢品扱いにし、金をぼったくり、ゲートを制限し、移動の自由を妨害している。
特定者に儲けさせるがために民営化している状況が、本当に国民の福祉を考える政府といえるのか?
無料化すべき、というより無料化が当たり前じゃないか。
「高速道路休日半額」が適用されない物流従事者へは、コスト軽減のメリットが無いばかりか、特定日に渋滞を引き起こし物流業務に弊害をもたらすことになる。

とにかく、やることなすこと、この「アホ」である麻生に、緊急事態の今の日本を任せてはならない。

さるさる日記 - とくとく 日記

posted by sfu9xi | reply (0) | trackback (0)

Trackback URL:
api | terms of service | privacy policy | support Copyright (C) 2016 HeartRails Inc. All Rights Reserved.