ヒラリーはコリン化するのか? - 今日の覚書、集めてみました | sfu9xi | sa.yona.la help | tags | register | sign in

ヒラリーはコリン化するのか? - 今日の覚書、集めてみました

reply
Will Barack Obama make Hillary Clinton secretary of state?
(バラク・オバマはヒラリー・クリントンを国務長官にするのか?)
Mark Tran
guardian.co.uk, Friday November 14 2008

Former Democratic rival and first lady has emerged as a possible member of the cabinet
元ライバルであり元ファースト・レディの名前が、閣僚候補として浮上。


Through clenched teeth...
"Man, I wish you were dead. (死ねばいいのに)"
"So do I! Wow, what a coincidence! Can I join you then?(私もそう思ってたわ!気が合うじゃない。じゃ、仲間に入れてよ)"

Speculation is rife about the possibility of Hillary Clinton becoming secretary of state in an Obama administration after Andrea Mitchell of NBC broke the news that she is under serious consideration.

NBCのアンドレア・ミッチェルが、ヒラリー・クリントンが真剣に検討されている、とのニュースを報じた後、彼女がオバマ政権の国務長官になるかもしれない、という憶測が飛び交っている。

At first blush such a move seems odd as the two fought such a ferocious battle during the primaries. The Democrats were so worried about the intensity of the campaign that they feared the two would damage each other irreparably in a political version of the Ali-Frazier "Thrilla in Manila" grudge match.

予備選で両者はあれほど壮絶な闘いを繰り広げたので、一見、このような動きは奇妙に見える。
民主党勢は、予備選が余りにも激しかったので、政界版「マニラのスリラ」ともいえる遺恨試合で、お互いに取り返しの付かないダメージを与え合ってしまったのではないか、と酷く心配していた。

There is also the problem of Bill Clinton. Having Hillary in the Obama White House is one thing, but what about having Bill as an ex-president backseat driver? Could Bill resist meddling in presidential matters? Those are just some of the reasons the appointment might stretch credulity.

それに、ビル・クリントンの問題もある。
オバマ政権にヒラリーを加えることとはありかもしれないが、ごちゃごちゃ喧しい元大統領としてビルを迎え入れることは、どうだろう。
ビルは大統領のお仕事に、首を突っ込まずにいられるだろうか。
ヒラリー任命はあり得ないだろうと思う理由は、これだけではない。

But with a little delving, the matter is not so implausible. Mike Allen on Politico reminds us that in an interview in January Obama referred to a biography of Abraham Lincoln, by Doris Kearns Goodwin, that pointed out Lincoln's capacity to bring in opponents who had run against his cabinet.

とはいえ、ちょっと突っ込めば、そうあり得ない話でもないのだ。
ポリティコのマイク・アレンは、オバマがアブラハム・リンカーンの伝記に言及した、ドリス・カーンズ・グッドウィンによる、1月のインタビューのことを取り上げる。
その中でオバマは、内閣で自分に食い付いていた敵を取り込んだ、リンカーンの能力を指摘した。

It should also not be forgotten that despite their earlier rivalry, Clinton campaigned strongly for Obama towards the end of the campaign. Then there is the matter of Obama's supreme confidence - he would have no problem appointing her.

また先のライバル関係にも拘わらず、クリントンは選挙終盤に向けて、オバマへの投票を強く訴えたことも、忘れられるべきではない。
そしてオバマの素晴らしい自信というポイントもある。
彼はヒラリー任命に全く異論はないだろう。

Some Obama advisers are also apparently arguing that her celebrity and credibility would be a huge plus as he seeks to rebuild America's relations with its allies.

明らかにオバマの指南役の一部も、彼はアメリカと同盟国の関係を再構築したいと思っているのだから、彼女の知名度と信頼性は大変な利益になるだろう、と主張しているようだ。

To be fair to George Bush, he has already backed away from his earlier unilateralism, with Condoleezza Rice, the secretary of state, and Robert Gates, the secretary of defence, already busy repairing America's relations with its friends.

ジョージ・ブッシュにも公正を期せば、彼は既に先の一国覇権主義を和らげている。
コンドリーザ・ライス国務長官と、ロバート・ゲイツ国防長官は、既にアメリカと友好国の関係修復に飛び回っている。

Still, Allen quotes one Obama adviser as saying how Clinton's prestige would be an asset.

それでもアレンは、クリントンの威信は大変な資産になるだろう、というオバマの或る指南役の言葉を取り上げる。

"You can send John Kerry or Chuck Hagel," said one adviser, mentioning some other candidates for secretary of state, "or you can send Hillary Clinton. That's totally different."

他の国務長官候補者の数名を名指しして、或るアドバイザーは言った。
「ジョン・ケリーかチャック・ヘーゲルを送ることだって出来る。さもなければ、ヒラリー・クリントンを送り込むことも出来る。これは全然違う」。

Kerry, the failed Democratic candidate in 2004, and Hagel, a moderate Republican senator from Nebraska, have emerged as other candidates for the job of America's top diplomat.

2004年に大統領選挙で敗北したケリー元大統領候補、そしてネブラスカ選出の穏健派共和党上院議員のヘーゲルも、アメリカの最上級外交官候補に挙がっている。

In terms of political machinations, there are other good reasons for giving Clinton the job. She would be in the tent but also out of the way, focusing on foreign problems while leaving Obama to concentrate on the economy, his top priority.

政治的陰謀という面でも、クリントンにこの職を与える良い理由がある。
彼女は仲間に招き入れられるが、邪魔はしなくなるだろう。
ヒラリーは外交問題に集中し、オバマは経済に最優先課題の経済に集中出来る、というものだ。

It's a point that Steve Clemons makes at Washington Note.

これはワシントン・ノートで、スティーヴ・クレモンスが指摘したことである。

This is EXACTLY what George W Bush did to his most serious rival in 2000, Colin Powell. He gave Powell secretary of state and then began to box him up. Barack Obama may be on the same track with Hillary Clinton who is and was his chief rival in the Democratic Party today.

これこそ正に、2000年にジョージ・ブッシュが、自分にとって最も危険なライバル、コリン・パウエルにしたことだ。彼はパウエルを国務長官にして、雁字搦めにしてしまった。バラク・オバマも、民主党のかつての、そして今もナンバーワン・ライバルの、ヒラリー・クリントンに同じことをしようとしているかもしれない。

That leads naturally to the question as to whether Clinton would accept. And if she did, whether she would make a good secretary of state.

ということは当然、これをクリントンが受け容れるかどうか、が問題である。
そして受け容れた場合、彼女が良き国務長官になるかどうか、も問題なのだ。

ヒラリーはコリン化するのか? - 今日の覚書、集めてみました

posted by sfu9xi | reply (0) | trackback (0)

Trackback URL:
api | terms of service | privacy policy | support Copyright (C) 2016 HeartRails Inc. All Rights Reserved.