精神科への道(仮福真琴の精神科医はうそだらけ) 忍 | sfu9xi | sa.yona.la help | tags | register | sign in

精神科への道(仮福真琴の精神科医はうそだらけ) 忍

reply
精神科への道・・・ 2008年05月16日09:01
(mixiのサイクバスターさんの日記から転載)

精神医療は総じて人々に人気がありません。

そして、人気のないのにはいくつかの理由があるのですが、精神科医はそれでも自分たちのビジネスを拡張させるために、精神科医につなぐルートを作ることに必死です。

ルート1
内科医経由 … 精神科に受診する前に6割程度の人々が「内科」を受診していることから、内科医に対して「うつ対策」等を講じるよう、今研修が盛んに行われています。「内科医」も向精神薬の処方をすることとなるだけでなく、投薬によって改善が見られない場合(多くの場合、改善などしません…)、専門医を紹介するよう要請されている。
命をつなぐ 自殺社会の現場から

ルート2
産業医・産業カウンセラー経由 … 職場での「うつ対策」と称して、企業に対して社員のメンタルヘルスケアにあたるよう大企業を中心に産業医や産業カウンセラーが配置されています。もちろん、彼らも「心の病」に有効な手段など手にしていませんから、ただそこにいて話しを聞き、場合によっては産業医などは「向精神薬」を処方することさえあります。 しかし、結局のところ「専門医」につなぐということになるのです。

ルート3
介護経由 … 高齢者の認知症対策や障害者救済の名目で、介護保険や障害年金の適用を受けられるよう介護事業者が精神科医につなぐケースがあります。精神障害は一般の障害に比べて社会保険適用が容易であるといわれています。要するに審査する側もあまりにも「基準」があいまいなため、よく分からない…というのが現実のようです。

ルート4
学校カウンセラー・教師経由 … 子供たちをADHDなどと認定するには教育現場の先生を啓発し、かつそれを正当化させる存在が必要です。「もしかしたら、君は病気かもしれないから、専門の先生に診てもらったら…」といって子供や親を納得させ、精神科につなぐのです。各地方自治体の教育委員会には、アドバイザーとして精神科医が配置されています。この精神科医が「もっと、教師にADHDを普及させなくては、日本の教育は崩壊する!!!」みたいなことを一生懸命宣伝しています。そして、その言葉を鵜呑みにした、行政官が「御触れ」を出すのです。そうして元気の良い子供たちが、クスリ漬けとなって生気と命を削られていくのです。

ルート5
行政経由 … 保健所や役所の相談窓口を通じて、精神科医につなげられるケースが少なくありません。子供の定期健診で「発達が遅れている」とか生活困窮者が「生活保護をうけるため」と称して、まわされるのです。最近では災害が起きたあとに「PTSD対策」と称して行政が精神科医を現場に迎え入れ「必要な?」措置を講じることを認めています。


まだまだ他にもルートはあるのですが、概ねこのようなルートが多いようです。

この前提となっているのは、「精神科医は心の専門家である」ということです。しかし、これは全くの「嘘」であり、勝手に作り上げられた「虚像」です。

彼らに心の病は治せません。彼らは心の専門家ではありません。
心を破壊する専門家です。

クスリ・電気ショックなど効果のないことが明らかなことを、1世紀以上の間、やり続けているだけの存在です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
電気ショック 2008年09月03日15:23
(mixiのサイクバスターさんの日記から転載)

悪名高い電気ショック。精神病院で懲罰的に用いられたことから、悪いイメージが定着していました。実際、多くの死が電気ショックによってもたらされたことは紛れもない事実です。

最近では電気ショックを「ECT」と言い換えてイメージ向上に努めたり、麻酔を用いてけいれんを引き起こさない「修正型ECT」なるものを宣伝したりしたおかげで、徐々に治療の選択肢としての位置を回復しつつあります。

では、電気ショックに効果があるのでしょうか?また、その脳に作用するメカニズムが科学的に解明されたのでしょうか?本当に安全なのでしょうか?その答えは、この療法を勧める精神科医に「それが安全で効果的だと言うのでしたら、是非あなた自身にかけてそれを示して下さい。」と問い掛けたときの反応を見ればわかるでしょう。

しかし、なぜそこまで精神科医は躍起になって電気ショックを復活させたいのでしょうか。精神科医と一般人の言葉の概念の違いを説明しなければなりません。精神科医にとって「治療効果があった」「良くなった」「治った」というのはどういう意味でしょうか。当然、一般人はそれを言葉通り受け取るでしょう。しかし、精神科医によっては、イコール「扱いやすくなった」「言うことを聞くようになった」なのです。電気ショックはそのような効果を生み出す最高の道具です。

そもそも、少しでも科学的教養がある人なら、頭に100V以上の電圧をかけることについて、その危険性、野蛮性は容易に理解できるはずです。実際には精神科医が用いる電気ショックは200V〜300Vに及んでいるのです。脳が焼け焦げたり、あまりの苦痛に顔をゆがめる姿は想像に難くありません。脳科学が発達したと言っても、神秘なる脳の1%もわかっていないのが現状です。繊細な電気信号を発する脳に、無理やり電圧をかけることなど、誰がその結果を予測しうるのでしょうか。

電気ショック療法は、イタリアの精神科医、Cerlettiによって発明されたと言われています。Cerlettiは1938年に電気ショック療法を発表しましたが、その頃は身体療法が大流行でした。「てんかんと統合失調症は同時に起こらないようなので、人工的にてんかん痙攣を起こせば統合失調症は治療できるのではないか。」という仮説がそれらの治療法の支えとなっていました。当然その仮説自体が誤りなのでしたが。

ともかく、当時の精神科医はインシュリンを使ったり、電気を使ったり、カルジアーゾを使ったり、色々な方法を使っててんかん痙攣を引き起こすことを試みました。日本では、下田光造がいた九州大学で身体治療の実験が積極的に行われていました。彼らは本当に何でもやりました。持続睡眠療法、マラリア療法、電気ショック療法、インシュリンショック療法など、危険な療法を次々と実践しました。その中でも、下田の部下、安河内五郎は、Cerlettiが電気ショック療法を発表する前から、既に電気ショック実験を行っていました。

豚を屠殺しやすくするために電気ショックで豚をおとなしくさせる様子を見て電気ショック療法を思いついたCerlettiもすごいですが、安河内も負けていません。頭蓋に穴を空け、注射針2本を脳膜を突き破って脳髄まで達するまで突き刺し、注射針をそのまま電極にして、脳に直接電気ショックを与えるという手法で実験していました。Cerlettiに発表を先に越された安河内は、その後向笠広次と共同し、Cerlettiと同様頭皮上からの通電法に切り替え、日本で最初の電気ショック療法(電気痙攣療法)を1939年に発表したのでした。

そんな電気ショックですが、恐ろしいことにその根本的な手法や原理は、当時から大して変わっていません。今やその電気ショック療法を用いる病院が増えてきました。「安全」「改良」「即効性」など、この療法の説明には、とても素敵な言葉が並びます。しかし、もしも自分が、家族が、友人が電気ショックを受けそうになったら、主治医に必ずこう言って下さい。「先生がそれを受けて安全なことを証明して下さい。」…と。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
電気ショックⅡ 2008年09月03日23:17
(mixiのサイクバスターさんの日記から転載)

電気ショック療法(電気けいれん療法としても知られている)や精神外科「治療」が復活しようとしています。しかし、これらの療法が生まれて以来、電気ショック療法を信頼して使用する精神科医たちと、それらの療法により人生を破壊された大勢の犠牲者やその家族との衝突が絶えません。

 実際の電気ショック療法や精神外科手術の手法の吐き気を催すような録画映像を見た人なら、その答えはすぐに分かります。それらは「医療の実践者」の手法というより、KGB(旧ソ連国家保安委員会)尋問担当官の武器による物理的な拷問行為の手段であることを…。しかし、そのような情景を見たことのある人はほとんどおらず、まして直に自分の目で目撃したような人はなおさらいません。その療法において、460ボルトの電流が脳内に送られ、その細胞を焼きます。それは大きな悪性の発作と脳障害を引き起こします。

 精神科医はこれらの行為を、医学的な合法性という仮面の下に意図的に覆い隠します。病院という舞台、白衣を着た助手、麻酔剤、筋麻痺剤、そして精巧に見えるだけの舞台道具とともに。ショック療法の結果は残酷なものですが、詳細なない雪は患者や家族には説明されません。しかも、反対の声が上がったとしてもそれらは否定されるのです。

 これら2つの「療法」は精神科医や病院に非常に高い収益をもたらします。その後、長期にわたって高額な精神医学的「介護」を継続して行う結果となるからです。嫌がっている人を説得する際に、これらの療法が精神科医にとっては将来のビジネスと収入を保証されるものであると説明されることはありません。

 電気ショック療法と精神外科手術から生まれるまさに数十億ドルの収益には、いまや驚くほど大量の誤った情報が伴っています。一方でその手順に対して批判している科学者が多くいます。

 電気ショック療法の効果について30年間研究を重ねた神経学者ジョン・フリードバーグ博士は2004年にこう語りました。「ショック療法が一般的に人々にどんな影響を与えるのかを言い表すのはとても難しいことだが…人々の覇気を破壊し、生命力を破壊する。人々をむしろ受け身で無気力にする…。そして、その記憶喪失や無力感、精力の欠如が、いまだ(精神科医が)罰せられずにその処置を行える理由であろう、というのが私の見解だ。」

 メアリー・ルー・ジーママンは自分の覇気と生命力をうしなうことがどういうことかについて、電気ショック療法ではなく精神外科手術の犠牲者として理解しています。
 2002年に、陪臣は1998年に精神外科手術を行ったオハイオ州のクリーブランド診療所に対し、この62歳の患者に750万ドルを支払うように命じました。ジーママン夫人は自分の不潔恐怖症について治療を求めていました。その診療所のウェブサイトでは70%の成功率が謳われていました。ジーママン夫人は残りの30%の患者は変化がないが害を与えられることはないと告げられました。彼女は手術を受け、頭部に4箇所の穴があけられ、それぞれビー玉ほどの大きさの切片が除去されました。その結果、彼女は自分で歩くことも、立つことも、トイレに行くこともできなくなりました。彼女の弁護士ロバート・リントンはこう述べました。「彼女は、現在自分がどう以前と違っているかを感じる意識以外すべてを失った…。」彼女は完全な障害者になっており、24時間の介護を必要としている状態である。」

 電気ショック療法の犠牲者で最も有名なのは、「ヘミングウェイ」でしょう。彼はアメリカのメイヨークリニックで電気ショックを受けました。彼曰く「あれは私の最も大事な記憶を奪った」 そして、その後自殺という最悪の選択をしてしまいました。

これほどまでに、その酷い事実が山積みになっている「療法」もそうは多くないでしょう。明らかに人間破壊のための手段であるにもかかわらず、「効果がある」という一点張りで決してやめようとしない精神医学。狂気の集団です。

http://www.cchr.org/flash/brochure/?locale=ja

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

最も「人権」が奪われているところ・・・ 2008年08月09日00:42
(mixiのサイクバスターさんの日記から転載)

人権 … というと、同和問題(被差別部落問題)、外国人問題、男女間の待遇差別問題… などが社会ではよく取り上げられます。

これらの問題はもちろん、解決されるべきであり、憲法で保障されている「基本的人権の尊重」はあまねく担保されなくてはなりません。

しかし、差別や人権侵害というものの根本的な思考には「支配−被支配」の関係を強要(強制)するところにあるという点において、その原点に精神医学や心理学が唱える理論があるのです。

精神科医のようになんの成果も挙げることができないことをやっている人間が自分の価値と、自分の生存の確かさを感じることは出来ません。しかし、それでも彼らは生きていかなければなりません。彼らが唯一できることは、他人を無力化し、自らの支配の中に留める…ということくらいです。

無能な人間ほど「支配−被支配」の関係を求めます。

まさにこれが行われているとき「人権」というものは甚だしく侵害され、数々の悲劇が生じます。

特に精神科医がその分野において卑劣極まりないのは、単なる暴力や身体拘束に加え、薬による思考力の低下や電気ショックによる記憶の消失を伴う手法をとることです。
人間の思考とは人間が人間たる根拠をなすものです。いかなる理由があろうとも、この思考を奪うというのは、最もやってはならないことの一つです。

たとえ、その薬に一時的な覚醒効果があったとしても、必ずその後にリバウンドが来るのです。そのリバウンドは必ず思考の低下を伴うのです。ここに例外はありません。

薬は「弾丸」や「刃物」のように差し迫った危機を象徴するものではありませんが、しかし、その危険性というものは本当の意味で人権を奪い、その人の人たる証を完全に消滅させるのです。

こんなものを来る日も来る日も、処方し続けることの出来る「精神科医」という存在が、いかに人間にとって危険な存在であるか…、私にとってはこれは完全な確信のレベルに至っています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

精神医療で起きていること・・・(総論) 2008年09月04日21:40
(mixiのサイクバスターさんの日記から転載)

精神医学は多くの矛盾と問題を抱えながらも、大きな権力と権益を保持しています。

特に権力が認められている背景には「精神科医は心の専門家」という社会的合意が存在します。では、彼らは本当に「心の専門家」なのでしょうか?

・医師免許を持った者であれば、誰でも精神科を名乗ることが出来ます。たとえ週1回・半年の授業を受けた程度だとしても…です。

・精神医学の辞書には「心」「精神」という言葉の定義さえ載っていない。これは18世紀後半、現代の精神医学の基礎となる理論が編み出された際、発案者がこれらの存在を全て「消去して(打ち消して)」しまったことに端を発します。ですから、精神医学や心理学は「存在しないものを研究する」という大変な自己矛盾に陥ることとなりました。

・「精神」や「心」の存在を否定した結果、彼らの研究の対象を「脳」に持って行きました。神経の束である脳に様々な「オプション」を付け加えることで、彼らは理論を作っていきました。今、向精神薬や電気ショック、精神外科手術などが行われていますが、そのターゲットは結局「脳」に至るのです。しかし、彼ら自身「脳」の機能についての知識はほとんどなく、「脳腫瘍」による頭痛でさえ、精神病と診断してしまうというほどにそのレベルは惨憺たるものです。

・彼らが脳に勝手に付け加えたのは「化学物質(ホルモンなど)の分泌異常」ということです。これが投薬の主たる根拠になっているのですが、ここに至る理論には科学的根拠も検査方法も存在しないものが多くを占めます。彼らがいう説明には科学的根拠など全くなく、概ね推論もしくは、その場しのぎのウソということとなります。

・彼らは「制度」を常に味方にします。ウソがバレバレであっても、制度が味方してくれる限り、彼らは「所得」を得ることが出来ます。それも億単位で可能なのです。 患者の言うがままに診断書を書けば、そのうちその患者が制度を通じてお金をせっせと運んでくれるのです。患者が少なければ水増しもします。スタッフ数などが条件を満たさなくても病院間で融通しあって帳尻を合わせたりもします。査察のときだけアルバイトに白衣を着させたりもするかもしれません。

・患者を治療すると言いながら、実際のところ「治癒」に至るケースは極めて稀で、精神科に行くことで却って状況が悪化するケースが後を断ちません。

・中には薬でこん睡状態にさせて、診察室で「身勝手な我が思い」を成就させるという、悪質な医師もこの領域には極めて多いのです。その対象が児童に及ぶこともしばしばです。

・医師ばかりではありません。病院スタッフも患者には「物事を正しく判断できる能力がない…」という(これも単なる彼らの宣伝から来るのですが…)社会的合意を盾に、入院患者の財布から金を抜き取ったり、入院時に預かったものを略取したり…ということを行い、訴えがあると、「その患者は正気でない。ウソを言っている…」などと言って逃げてしまうのです。

・そして、精神病院や施設という極めて閉鎖されたところで、頻繁に暴力が行われています。暴力による傷についても、「患者同士のトラブル」とか「ベッドから落ちた」などと言って、罪を逃れます。

・処方した薬が引き起こすであろうと容易に察せられる薬によって生じた副作用が現実に生じても、それを「再発」とか、「薬が合わない」とか、「量が少ない」などと言って、なかなかその処方を止めようとしません。しかも、副作用に関する情報提供は「太るかも…」とか「ちょっと気持ち悪くなるかも…」程度のもので、医薬品添付文書に記載されているような、自殺企図や暴力念慮、幻覚などといった重篤な副作用を口にすることは決してしません。

実は上記のような精神科医の醜態は日本だけのものではありません。全世界的なもので、不思議と全く同じ傾向を示しています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

自分達で患者を作っておきながら・・・ 2008年09月15日09:24
(mixiのサイクバスターさんの日記から転載)

「医療難民」政治の無策問う声 (毎日新聞 - 09月14日 02:41)

医師の数は減っていません。

必要なところに必要な数の医師がいない、ということ。そして、“検診”や“ドック”などに於ける、病気の基準値を下げたり、科学的な根拠に欠く病名を作り、勝手に患者を作ってしまった…そして、手が回らなくなると“医師”が足りない。“医師の報酬”が足りない…などと言うにはあまりにも医師側の自助努力・自己反省が欠いていると思わざるを得ません。

私が主に扱っている精神医療などはその典型です。

この楽な領域・・・例えば精神医療の医師はこの10年で3倍に膨らんでいます。

3倍に膨らんだ医師が、患者を3倍治癒できているか…と言えば、全くその逆で、患者はどんどん増える一方です。当然です。新たな病名がどんどん開発されていくのです。「新型うつ病」とか「不安障害の一種」とか「○×障害」・・・・・etc。

しかし、これらの病名を病気として証拠立てる根拠は一切提示されていません。

じかもメンタルヘルスの向上というお題目で、職場での職場や学校で“検診”が促進され、産業医やスクールカウンセラーが配置され、これらを通じてどんどん客が入ってくるシステムが出来上がっているのです。

来院した患者をどんどん治癒に導けていれば、病院が患者で溢れることなんてあり得ません。

「とにかく、専門家のところにいらっしゃい」

治せもしない、原因も知らない、診断根拠もない、検査方法もない、治癒基準もない 人がこのように言う資格などありません。

仮福真琴の精神科医はうそだらけ
http://karifuku.digit-01.com/index.html

精神科への道(仮福真琴の精神科医はうそだらけ) 忍

posted by sfu9xi | reply (0) | trackback (0)

Trackback URL:
api | terms of service | privacy policy | support Copyright (C) 2016 HeartRails Inc. All Rights Reserved.