内野光子のブログ: やっぱりおかしい、NHK7時のニュース | sfu9xi | sa.yona.la help | tags | register | sign in

内野光子のブログ: やっぱりおかしい、NHK7時のニュース

reply
NHKは自民党の広報か

きょう9月10日のNHK7時のニュースは、自民党総裁選挙特集の拡大版で、候補者5人を仮スタジオに並べて局から聞く、というスタイルで、延々と7時45分まで続いた。アナウンサーと政治部記者が、テーマごとに5人の意見の違いをわざと際立たせるかのような形で、質問を繰り返していた。そして、そのあと5分間でほかの政党のコメントが流され、結局50分が総裁選で終始した。あとの10分、事故米、金総書記の病気などのニュースに続きスポーツ、天気予報で終わった。

やっぱり、おかしい。一政党の総裁選になぜこれほどまでにNHKはリキを入れるのか。国民に総裁や首相の選挙権があるわけでもなし、妙なキャラの候補者たちの顔をこの2・3日見続けて、いいかげん食傷気味なうえに、総裁選が何なの?まるで自民党の広報ではないか。候補者の中には、自分の選挙区で次の選挙が危ないという候補者も複数いるではないか。総裁選で名前を売っておくことに尽きるという候補者もいる。

自民党のその手に乗るな、というマスコミ批判もある中で、このニュース番組編成の異常さにあきれて、NHKのコールセンターに、7時30分過ぎから電話をかけ続けるが、つながらない。夕食後ももちろんつながらず、9時過ぎにようやくつながった。

コールセンター、異様な対応がまかり通る

 以下が主なやり取りで、「 」の中がコールセンターの対応、最初が女性、代わったのが男性だった。

・一政党の総裁選に45分間もかける必要があるのか。その意図するところは何か。視聴者は自民党のコマーシャルを見るために受信料を払っているわけではない。

「そういうご意見はたくさん頂戴いたしまして、番組の担当者に伝えます」

・どういう意見がどのくらい来ていて、担当者はどう考えているのか。

 「申し訳ありませんが、担当者に直接おつなぎできないことになっていますが、必ず伝えます」

・視聴者の意見、担当者の考え方、今後の番組に活かす手立てが視聴者にはまったく知らされないのはおかしい。そういう番組やコーナーがあっていいのではないか。

 「コールセンターの責任者につなぎましょうか。しばらくお待ちください」

 そこまでは、よくあることで、案外早く責任者につながるらしい、と思っていたら、

 「はいはいはい、なんでしょうか」

・総裁選のニュースをあれほどまでに、長く丁寧に流す目的は何ですか。

 「はいはいはい、そんなことはっきりしてますよ、そんなことも分からないですか。わははは・・・。自民党のコマーシャルですよ」

 (ここで、これって、NHKのひと?耳を疑ったのだが、)

・はいはいはい、は止めてください。なぜNHKがコマーシャルをするのか。

 「必要だからですよ。必要だから」

・なぜ必要なのか。

「国民の関心が高いから。これはNHKの世論調査でもはっきりしてます。それに」

・世論調査の人気や関心だけで、番組が決まるのか。NHKの公共放送としての見識はないのか。

「人気でなく、関心ですよ。お客さん間違っては困る。わははは・・・」

・笑いごとではない。

「世の中明るくいきましょう」

・ふざけないでください。ほかに理由はあるのか。

「総裁は、国会で首相に決まります。だれが首相になるか、国際的関心も高いですよ」

・国民にとって重大な別のニュースを犠牲にまでして、時間をとってやらなければならないことではない。

「お客さんの意見でしょ。それは。意見は全部ドキュメントとして、上は会長から担当者まで読めるようになってますから」

・視聴者の意見はどう反映されるのか。

 「放送で応えてますからね。番組を見てください」

・24時間見ているわけにはいかないでしょう。どういう意見があって、どう応えるのかを伝える番組があってもいいではないか。

「そりゃそうだ、24時間見てたら死んでしまいますな。ほかに質問あるの?」

・・・・・

 といった具合。名前を尋ねると、「バカ!」「バカですよ!」という罵声が耳をつく。「ハッ?」とさすがに驚いた。すると「バカ!のカですよ、四足のシカ、角のあるシカと書きまして、カと読みます・・・」と叫んでいる。どうも「鹿」がつく姓らしいのだ。あきれてもう話す気がなくなった。というオマケまでつく。身分を聞いてみると、「対応の責任者」ということだった。しゃべり方といい、人を小馬鹿にした態度といい、異常にも思える、もっとも不適切な人物を、受信料で雇っているかと思うとやり切れず、落ち込んでしまった。そういえば、前にも少々突っかかる担当者がいた。処分者の再雇用がまかり通るような体質なのだろう。

2008年9月10日 (水) NHK, マス・メディア, 世論調査, 経済・政治・国際 | 固定リンク
コメント

NHKに以下の内容のメールを送りました。
400字の制約があり意を尽くしていませんが誠意ある回答を期待したいと思います。
お問合せ番号[369787]でお受けしましたという
自動返信がありました。
ーー
9月10日のNHK7時のニュースは自民党総裁候補者5人の話を45分続けた異常な番組でした。

それに対し電話した内野光子さんに対しコールセンターの「鹿」がつく姓の人が「自民党のcmですよ」と言ったという。
http://dmituko.cocolog-nifty.com
/utino/2008/09/post-664e.html?ci
d=33181238#comments
これに対し元NHKディレクターの志村建世さんからも内野光子のブログの記事が経営委員会に送られているかと思います。
http://pub.ne.jp/shimura

私はこの異常な報道姿勢の変更とコールセンターの「鹿」がつく姓の人の処分を求めます。
総裁選終了前までの誠意ある回答を求めます。
この内容と回答はブログ上で発表させて頂きます。

大津留公彦のブログ2
http://ootsuru.cocolog-nifty.com
/blog /

投稿: 大津留公彦 | 2008年9月16日 (火) 21時45分

滴水、banzai、ももの、hanamegane、大津留、ポールの
皆様、コメント、リンクをありがとうございます。大津留さん、いつもお励ましいただきありがとうございます。採録再現はわずかですが、電話での数分間のやり取りが「悪夢」のようによみがえります。「はいはいはい」の受け応えに、「返事のハイは一度でいいです」といえば「私の口癖でしてね」といい、「国内の重要問題のたとえば、年金記録の改ざんなど」と言いかけると「年金問題については、3時間かけた番組を三回もやりました!」とか、など。あまりのことに、口のきき方だけでも異様なことを知らせたくて、電話を家族に代わってもらうと「おやおや、声が変わりましたね、人が変わりましたね、何かご事情でもおありでしたか」と言ったとか。

投稿: 内野光子 | 2008年9月16日 (火) 10時58分

近年希に見る痛快な話だと思いました。
このNHKの鹿ナントカさんには逆に「良く言ってくれた!」と感謝するべきでしょう。
世に蔓延る「不偏不党」「公平な報道」などという建前が現実には存在し得ない虚構で
しかない事を白日の下に晒し、ついでにNHKという企業が取る立場(権力寄り)をも
明らかにしてくれたのですから。

要はテレビにせよ新聞にせよ、最初からそんな物だと割り切って付き合えば良いのです。
その立ち位置に納得できる人間だけが受信料でも何でも払ってあげれば良いのです。
そしてくれぐれも「不偏不党」なんてものを求めてはいけません。
そんな事は、どこの誰にだって絶対に出来はしないのですから。

投稿: ポール | 2008年9月16日 (火) 06時11分

お久しぶりです。
遅くなりましたがこの記事で紹介させて頂きましたので報告いたします。
http://ootsuru.cocolog-nifty.com/blog/2008/09/cmnhk-c5b9.html

投稿: 大津留公彦 | 2008年9月16日 (火) 01時27分

にわかには信じがたいほどの対応ですが
これが現実なのでしょうね

メディアの劣化はよく耳にしますが
NHKがこれでは…

公正でない
権力におもねる
金にしっぽフル

最悪ですね

投稿: hanamegane | 2008年9月15日 (月) 20時49分

お断りも致さず,私のブログからこちらにりンクさせて頂きました。ご了承ください。

これからも時々お邪魔させていただきます。

投稿: ももの | 2008年9月15日 (月) 12時05分

昨日放送のNHK日曜討論「総裁選5候補“自民党政治”を問う」もコールセンターの責任者同様の試聴者を馬鹿にしたような虫唾が走る内容でした。
今回というか、昨今の国会議員選挙の様相にNHKに限らずマスコミの反国民的性格とのたたかいを通じて克服していく課題の性質が明らかになってきているような気がしします。

投稿: banzai | 2008年9月15日 (月) 07時57分

はじめてコメントします。

この一事をたてにとって、この担当者の氏名を明らかにし、これがNHKの公式な回答として適切か否かについて、納得のゆく対応がない限り、

 受信料の支払いを拒否する

という運動でも起こしましょうか?

うち、いままで、CATVからの自動引き落としになっていたんですが、近々、引っ越す際には、新しい居住地で、抵抗運動しようかな?

投稿: 滴水 | 2008年9月15日 (月) 00時47分

コメントをお寄せくださったhagure様、アキツ様、志村様、もうお一人の方、ありがとうございました。反響の大きさ、アクセス数の上昇に驚いています。残念ながら録音はとっていませんでした。NHKはじめ、マス・メデイアへの監視はますます必要になってくるでしょう。

投稿: 内野光子 | 2008年9月15日 (月) 00時23分

これはひどい。いくらNHKが腐っていても、これほど悪質な「コールセンターの責任者」の存在が許されるわけがありません。録音はとっておられないと思いますが、「鹿の字を含むらしい担当者」は懲戒に価します。録音の用意をした電話で、証拠を掴みたいものです。

投稿: 志村建世 | 2008年9月14日 (日) 23時30分

民営のテレビはまだしも、NHKは、公共放送である。現在は、自民党の総裁は即首相ではあるが、それだからといって、全放送の大部分を、自民党の総裁選挙で割いてしまうことは、異常である。時の政治権力のご機嫌取りの何者でもない、放送の不偏不党にも反した行為である。それであれば、民主党の代表に決まった小沢代表にも、政権構想を聞くようにすればよい。本来の公共放送は、国民に代わって時の政治権力を監視し、批判しなければならない役割があるはずだ。むしろ、突然首相が政権を投げ出したことを、批判しなければならないはずのものである。

投稿: | 2008年9月14日 (日) 20時51分

この応対には、大爆笑!!! マンガですねww

東京新聞の読者応対がなっとらんのを怒り狂った者としては、よくわかります。

わたしのとこの、プログでも紹介したいです。トラックパックとやら、よくわからないので、そちらのプログのアドレス貼り付けるかもしれませんが、よろしく御願いします。

投稿: アキツ | 2008年9月12日 (金) 17時10分

ごぶさたしています。
URLの記事に一部掲載させて頂きました。空いた口が塞がらない話で、いくらNHKでもひどすぎる。安部晋なぞにこの態度なら座布団一枚なんですけどね。
こちらはバウネットのドキュメンタリーに関しての政治屋介入問題以降受信料支払いを拒絶していますが、こりゃ金輪際払えないな。

投稿

内野光子のブログ: やっぱりおかしい、NHK7時のニュース

posted by sfu9xi | reply (0) | trackback (0)

Trackback URL:
api | terms of service | privacy policy | support Copyright (C) 2016 HeartRails Inc. All Rights Reserved.